絶対に失敗しない柔術着選び入門!サイズと縮率を抑えよう


柔術をやる上で楽しい事の1つに柔術着のカッコ良さがあります。
柔道着のような無機質で真面目なモノはあまりなく、デザインがオシャレで、センスがあるものが多いです。
そんなオシャレな柔術着(キモノ)ですが、サイズ問題はつきまといます。
サイズ問題は誰しもが必ずぶち当たる壁ではありますが、これまでに10着ぐらい購入して、失敗しながら蓄積したデータを元に失敗しない道着選びをお教えできればと思います。

スポンサーリンク

表記サイズは意味がない


柔術着を購入における失敗あるあるの代表格がサイズエラーです。
そんなサイズエラーの主な要因は2つあり、サイズ表記と洗濯による縮みです。

メーカーに寄ってバラバラ

柔術着のサイズには、A1、A2、A3といった感じで表記されますが、あるメーカーのA1はあるメーカーのA2なみに大きかったり、細かったりとバラバラです。

「俺は、常にA1」といった人はあまり聞いたことがありません。

あのメーカーは全体的に細身のデザインとかA社のA1はB社のA2的なサイズ感は、道場の人の柔術着を実際に見たり、話したりして、慣れてくるとわかるようになります。

洗うと縮む

柔術着のサイズが難しいもう一つの原因が洗濯すると縮む事です。

乾燥機にかけると更に縮みます。この縮率も柔術着によって異なります。

防縮加工があらかじめしてあるタイプもあるのですが、防縮加工がしてあっても縮んだり、防縮加工をしてなくてもあまり縮まなかったりとバラツキがあります。また、縮むことを見越して大きめのサイズを購入するのですが、想定以上に縮まずに、ダボダボのまま使い続けることになります。

丁度いいサイズのモノを見つけても数回利用するまでは、本当にサイズがあっているかはわからないのです。

購入前にサイズで失敗しないためにやること

サイズで失敗しないために、自分のサイズを理解することとどのぐらい縮むかを想定しておくことが大事です。

やること1:自分の持っている道着のサイズを測る


まずは自分の適正サイズを数値で正しく把握しましょう。
とりあえず今ある道着のサイズを測ってそれとの比較感で選んでみましょう。
精緻じゃなくても大丈夫です。
1-2cmのズレはあまり気にせず、とにかく大体何センチかを把握してください。
数値で自分のサイズがわかっていれば道着をえらぶのには困りません。

Aesthetics社の採寸表がシンプルでわかりやすいのでこれを参考にして測ってみましょう。
スクリーンショット 2017-01-19 13.55.08
出所:Aestheics

ジャケットは、「着丈」と「袖口から袖口」の2箇所、パンツはは、「身幅(ウエスト)」と「丈」の2箇所、合計4箇所測ればなんとかなります。

何かと便利なのでメジャーも購入しておきましょう。
洋服の採寸にはスチール製よりも布製の方が便利です。

やること2:洗濯後の縮み具合を考慮する


防縮加工がされているものとされていないものがあります。
まずはどちらのタイプかを把握しましょう。
それが出来た上で、縮率を考慮してください。
俺調べによると防縮加工は2-3%程度、非防縮加工は5-8%程度の縮率を考慮しましょう。

縮率からどのぐらい縮むかをチェックしよう

実際に私が蓄積したデータがありますので、こちらを参考にしてみましょう。
Size

データはこちら

すべて私が公表データと何回か使用した後に測った実際のデータに基いて比較しました。
あまり世の中に出回っていないデータなのではないでしょうか。

Gripsの道着が最近袖が短いなぁと思っていたら、確かに縮んでいますね。
Aestheicもパンツが短くなったなぁと思っていたら、購入時よりも7cmも縮んでいます。
Venumは、パンツを2回洗ったらこんなになってしまい、着られなくなってしまいました。
もう購入しません。
実際に数値で見ると納得です。

マメですね、、、、我ながらよくやった(笑)

私が自分の為だけに採寸したデータが遂に日の目を見ることになりました。
ぜひ、皆様の購入の参考にして頂ければ幸いです。

他にもデータを提供して頂ける方いたら、ご連絡ください。
縮率の精度をあげて、皆様に共有できれば幸いです。

ちなみに、メーカーが同じでも生地が異なれば縮率も異なります。
私が購入したメーカーのある商品がそうだったというだけであり、メーカーの良い・悪いを判断するモノではありません。
参考程度にご活用ください。

どこで買うのか


店舗、ネットの2択ですが、自分のサイズを理解して、縮率が分かればネットで購入するのがベストじゃないでしょうか。
ネットショップはこのあたりが有名です。
サイズ問題はクリア出来ると思いますので、好きなサイトで好きなキモノを買ってください。
個人的によく使うのはブルテリアでしょうか。
対応が早くてとても助かります。

http://www.bjjchannelshop.com/ http://www.b-j-j.com/ https://tenmei.theshop.jp/ http://www.dougiya.com/ http://www.ryukomma.com/ http://jiujitsu-isami.com/

結論:失敗しながら良いものを見つけよう


私もこれだけ調べて、データとして残しておいても失敗はします。
大きく外すことはなくなりましたが、柔術着に関しては、数回使用してみないと合うかどうかはわかりません。
失敗しながら、最良の1着を見つけましょう!

よい柔術ライフを!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 初心者 より:

    柔術初心者です。
    柔術着の縮率のデータ、柔術着選びに参考になりました。
    もう一つ参考までにブログ主様の身長と体重を教えていただけませんでしょうか。
    何卒よろしくお願いたします。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      私は身長180cm、体重67kgのフェザー級です。
      参考になれば幸いです。

      • 初心者 より:

        早速のご返信ありがとうございます。
        Venumのものが欲しいと思っていたのですが、
        縮率が大きいので躊躇してた所です。
        とても参考になりました。

        • 管理人 より:

          あくまで私が購入した当時のVenumですから参考程度にして頂いて、最後のリスクはご自身でご判断ください(笑)